読めばスッキリ!せどり利益率の基準について徹底解析

The following two tabs change content below.
Takao
電脳せどりを「不労所得」で稼ぐサラリーマンのTakaoです。ヤフオクやネットショップからの仕入れに関することを記事にしています。メルマガも発信しているので是非登録してみてください♪

利益率の基準は何%ですか?よく受ける問い合わせの一つです。今回は初心者が誰しも疑問に思う利益率について、お答えします。

この記事を読んで、利益率で悩むのはやめて、スッキリしてもらいたいと思います。

利益率ってなんですか?

まずは、認識を合わせる為に利益率の定義をしっかりしておこうと思います。

利益率とは利益が売り上げに対して何%なのかを図る経営指標です。私は10年間、会計の仕事をやっているのでこの辺は得意分野です(笑)

 

利益率の計算式は以下の通りです。

利益率(%) = 利益(円) ÷ 売上高(円)

利益率の求め方はこれ以外にありません。せどりを始めたばかりの初心者の方が色々混乱するのはこの「利益」の定義が曖昧だからです。実は利益といっても色々あります。

  1. 粗利
  2. 売上損益
  3. 営業利益

これ、全部利益です。多すぎる?本当はもっとありますよ(笑) せどりに関係するところだけ紹介しようと思います。

心配なさらないでください。税理士を志し半ばで諦めた私が、アマゾンせどりに当てはめて分かりやすく解説します。

粗利益 = 売上高 – 仕入高

売上高はアマゾンで販売する値段です。仕入高は仕入先から購入した値段です。単純にアマゾンで売れる値段から仕入れることができる値段の差額のことを粗利といいます。また、粗利の事は売上総利益とも言います。

せどり世間一般でいっている利益は粗利のことではないです。

 

売上損益 = 売上 – 仕入高 – 直接経費

先ほど紹介した粗利益から直接経費を差し引いた金額が売上損益です。略して売損と呼ぶこともあります。直接経費とはアマゾンの手数料が代表的です。販売する商品1つ1つに直接的に発生する経費の事を直接経費と言います。

なのでアマゾン倉庫へ納品する際の送料は直接経費ではなく、間接経費です。

アマゾンのプラットフォームを使って商売することが前提なので、この売上損益がせどり世間一般で言っている利益です。

 

営業利益 = 売上 – 仕入高 – 直接経費 – 間接経費

先ほど紹介した売上損益から間接経費を差し引いた金額が営業利益です。間接経費というのは例えば、アマゾンの倉庫に納品する際の送料や、その梱包資材代、納品代行業者への報酬、スタッフへの報酬などがあります。

商品一つ一つ直接的に結び付けれない経費の事を間接経費と呼びます。

この営業利益を計算する過程ですべての費用を集計した事になりますので、せどりビジネスとしての最終的な利益がここになります。

 

利益について理解できたでしょうか?図解するとこんな感じです。

Various profit

利益について理解すれば利益率は単純に売上高の比率でしかありませんので簡単ですね。

さて、次から本題に入ります。

これから先は認識の齟齬を防ぐために、粗利、売上損益、営業利益と分けて記載します。

売上損益率に関する基本的な考え方

まず、新品が◯◯%だとか、中古が◯◯%だとか、ゲーム機は◯◯%とか、そのような基準はあくまでも目安でしかありません。

もし、その目安が知りたければ最初に伝えておきます。

  • 新品:8%
  • 中古品:10%

 

あくまでもこれは私が考える最低ラインです。

なぜ、中古品の方が利益率を高く設定する必要があるというと、新品より間接経費がかかるからです。

間接経費とはアマゾンの倉庫に納品する際の送料や、その梱包資材代、納品代行業者への報酬、スタッフへの報酬などの事です。

具体的には検品の手間が一番の理由です。みなさんも一度は検品が面倒くさいと思ったことは無いでしょうか?新品の検品はほぼ不要ですので、両方取り扱っている方ならなおさら中古品の検品の手間には悩まされているのではないでしょうか。

中古品を自分で検品する場合は、時間がかかる分、時給が減りますし、それを納品代行業者に委託すると費用が増えて、利益が減り、結果的に中古品は新品より時給が減ります。

なので、代行業者を使って無いから関係無いのではなく、どちらにせよ新品より中古品の方が時給は低くなるのです。

中古品が悪いと言っているのではありません。中古品は手間がかかるという前提で、仕入れる商品の売上損益率は新品より高くしておかないと、営業利益ベースで考えると割に合わないという事です。

 

expensive cost

というわけで、新品は8%、中古品は10%で仕入れてください…

という話がしたかったわけではないのです。

きっとこの売上損益率の基準に納得いってない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

人によっては「低すぎる!」と思う人や、「もっと低くてもいけるよ。」という人もいるでしょう。

ここから先は自分にぴったりな利益率を見つける方法について書いていきます。

自分にぴったりな利益率の見つけ方

誰かに教えられた利益率に納得がいかないのは人それぞれ前提条件が違うからです。

  • 1,000万円投資できる人もいれば、10万円しか投資できない人もいます。
  • 1日5時間仕入れに時間が取れる人もいれば1時間しか取れない人もいます。
  • 1時間に5個仕入れる事できる人もいれば、1個しか仕入れる事ができない人もいます。

 

例えば、せどりを始めたばかりで作業効率の良くない初心者が、利益率の基準を30%としていたらどうでしょう?

ただでさえ、効率が悪いのにそんな高い基準を設けてたらいつまでたっても仕入れる事ができません。

 

例えば、10万円の資金しかないのに、利益率の基準を5%としていたらどうでしょう?

仕入れ商品はたくさん見つかりますが、あっという間に資金が底をついてしまいます。

 

1時間しか仕入れの時間を使えないのに、利益率の基準を30%としていたらどうでしょうか?

商品が見つかる前にタイムリムットを迎えてしまいます。

 

つまり、自分の置かれた状況によって利益率の基準は変えていく必要があるのです。

 

もし、あなたが今の基準で思うように仕入れれてないなら

もっと基準を下げてみてください。

 

もし、あなたが今の基準で仕入れ資金が足りないくらい仕入れれるなら

基準をもっと上げてみてください。

 

そうやって、調整しながら自分にぴったりの利益率基準を作り上げていけばいいのです。

利益率の限界

調整しながらあなたにぴったりの利益率基準を作ってもらいたいのですが、高望みはいけません。

 

例えば、新品であれば、利益率15%を超える商品はそうそう見つかりません。そのくらいの利益率を新品で得たいなら本格的に卸業者とコンタクトをとって取引しないと、安定して15%以上の利益を取るのは難しいでしょう。

もし、あなたがどうしても15%程度の利益率では納得いかなければ、中古品を選んだほうが近道かもしれません。

 

いやいや15%なんて…40%は欲しいという方は、中古品の中でもジャンク品を選んだほうが近道です。誰もが仕入れないジャンク品を仕入れて、修理して販売する。そのくらいやらないとそうそう40%の利益率は安定しないです。

 

先ほどは最低ラインの利益率の目安をお伝えしましたが、限界ライン(MAX)もありますのでこれも一つの目安として書いておきます。

  • 新品:15%
  • 中古品:25%

 

一般のセラーが獲得利益率はこのくらいが限界です。これ以上を狙おうとすると極端に特別なノウハウが必要だったり、手間がかかったり。つまり自動化(仕組化)に向かない、レバレッジをかけづらい傾向にあります。

 

もし、あなたが将来的に自動化を目指すのならまずは、特別なノウハウではなく、シンプルなノウハウで仕組みを作り、その仕組みをドンドン拡大させていくことをおすすめします。

 

え、限界ラインでは少なすぎる?

利益率15%の複利を計算したことがありますか?15%の利益率で1年間ビジネスを行ったら、年利は615%です。もし、100万円の元ででスタートしたら1年後には615万円です。

もし、それでも少ないと感じるならば別のビジネスを検討しても良いでしょう。

複利計算は仕入れた商品が月に1回売れ、資金が最大限効率的に運用できた際の計算です。あくまでも理論上の数字なので必ずそうなるとは限りませんのでご注意ください。

 

まとめ

利益率の目安は以下のとおり。

  • 新品:8%〜15%
  • 中古品:10%〜25%

上記はあくまでも目安。今の仕入れに納得がいっていないのなら、下限値を調整して自分にぴったりな利益率を作り上げていく。

 

今回は利益率のお話でした。最初は誰かに教えられた利益率でやってみればいいです。でもうまくいかなかった時は、別の基準を探すのではなく、自分で調整してみてください。

 

私のおすすめは、低い利益率の基準から始めることです。初心者がせどりは儲からないと考え出す理由は、思うように商品が仕入れできないからです。その理由のほとんどが高すぎる利益率の目標を設定をしていることに起因します。

 

まずは、低い利益率から初めて、「仕入れて物を売る」このサイクルを早く身につけて欲しいです。利益率8%の商品も仕入れることができない人が15%の商品を仕入れることができるはずがないと、私は思うのです。利益率はあとから上げていけば良いのです。

 

それでは、最後までご覧頂いてありがとうございました。

 

P.S. 息子が生まれて2.5ヶ月が経ちました。子どもの成長は早いですよね。寝て起きると、あれ?背のびた?って思うこともあります。さすがに気のせいでしょうか。笑

私も子どもの成長に負けないように、成長し続けたいと思います。年をとれば大人。ではなく大人になってからの、大人なりの成長の仕方を息子の目の前で見せていきたいと思います。

 

記事が面白かったら是非ポチってください!

2 件のコメント

  • 飲食での利益率とは違い物流の利益率の目安が解りやすかったです。
    実際買いつけてみても新品の場合そのラインが多かったことに納得です。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    Takao

    電脳せどりを「不労所得」で稼ぐサラリーマンのTakaoです。ヤフオクやネットショップからの仕入れに関することを記事にしています。メルマガも発信しているので是非登録してみてください♪