もし、江戸時代でせどりをやろうとしたら納品不備で大爆発する

The following two tabs change content below.
Takao
電脳せどりを「不労所得」で稼ぐサラリーマンのTakaoです。ヤフオクやネットショップからの仕入れに関することを記事にしています。メルマガも発信しているので是非登録してみてください♪

完全なるネタ記事です。参考になるはずがありません。いや、もしかしたらちょっとだけ役立つ情報もあるかも

 

準備を整える

江戸時代でもまずは、備品の調達から始めましょう。

ダンボールは風呂敷で代用できそうです。なのでガムテープはいらないですね。プリンターはないので、ラベルは手で書く必要がありそうです。筆と炭を買いましょう。

 

運送業者と契約を結びましょう。ヤマト運輸はないので飛脚を利用するしかありません。

料金は高いかもしれませんが、2人1組で引き継いで走る、「継飛脚」を利用すれば、私が住む茨城から千葉のアマゾン倉庫まで10日間くらいで運んでくれそうです。

仕入れる

電脳せどりの方が得意なのですが、江戸時代はネット環境が整っておらず、ネットストアがありません。実店舗に出向く必要がありそうです。

 

現代と同様に、モノレートを過去の販売実績があるか確認しながらリサーチするのですが、商品にバーコードが無いので商品名検索するほかありません。

 

なんとか需要のなりそうな、ろうそくを仕入れました。これから需要がありそうな花火も一緒に仕入れて利益を狙います。50文くらい利益がでそうです。

納品する

ラベル発行に骨が折れます。

Handwriting delivery label

バーコードの模写を間違えると納品不備となってしまいそうで怖いです。

 

納品不備といえば、amazonが新しいサービスを始めたのはご存知でしょうか?

【重要】2016年8月15日より納品不備受領作業手数料の運用を開始いたします 

不備のある納品は返品しない代わりに金取るよってサービスです。これは我々にとってもamazonにとってもメリットのあるサービスだと感じます。

 

但し、Amazonはこれでサービス料を取るのが目的ではなく、あくまでもセラーの納品の質の向上を目的にしたサービスのように読み取れます。

Delivery deficiency fee

なので不備があっても「ちょっとお金を払えば済むから問題ない」なんて考えをしていると、問答無用で返送されますし、カート取得にも影響することが考えられますので、これまで以上に気を引き締めて納品しましょう!

 

ミスなく納品する方法についてはこちらの記事がおすすめです。

電脳せどり!Amazon納品手順マニュアル

 

出品開始!!ではなく納品不備…

出荷してから10日経ちました。そろそろ、Amazon倉庫へ商品が届いた頃でしょうか?しかし、一向に出品が開始されません。そこから15日後… 1通の手紙が届きました。

Amazonからです。ゴクリ…

お客様が納品された、ろうそく(ASIN:*****)、及び花火(ASIN:*****)は危険物の取り扱いになり、爆発の可能性もありますので、弊社フルフィルメントセンターでの取り扱いは出来ません。

Explode because of delivery

….

終わり

つたない、オチで申し訳ございません。今回は江戸時代でのせどりを体験してみました。

なんでこんなバカな話をしたかというと、たまには私もふざけたかったというのもありますが、今の環境が非常に恵まれているということをお伝えしたかったからです。

 

モノレートひとつとってもそうです。商品を購入する前からある程度売れることが前提で仕入れれることなんて普通はありません。

ヤマト便を使って格安に納品できますし、面倒なことは機械がやってくれます。

 

私も恵まれている環境に居ることを改めて認識し、目の前のせどりに向き合って行きたいと思います。

 

それでは、今日も最後までご覧頂きまして、ありがとうございます。

次は、中世ヨーロッパ編をお送りします。お楽しみに!

記事が面白かったら是非ポチってください!

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    Takao

    電脳せどりを「不労所得」で稼ぐサラリーマンのTakaoです。ヤフオクやネットショップからの仕入れに関することを記事にしています。メルマガも発信しているので是非登録してみてください♪