せどりに潜む8つのデメリット

sedori-demerit
The following two tabs change content below.
Takao
電脳せどりを「不労所得」で稼ぐサラリーマンのTakaoです。ヤフオクやネットショップからの仕入れに関することを記事にしています。メルマガも発信しているので是非登録してみてください♪

せどりにも悪いところあるんでしょ!?

そう思ったあなた。大正解です。以前、せどりをオススメする記事も書きましたが当然、デメリットも存在まします。そんな悪いところも全部理解した上で『転売・せどり』を始める人がいればいいなと思います。

せどりの良いところが知りたい!って方はこちらの記事で紹介しています。

転売・せどり、8つのデメリット

8つもあるの!?メリットは7つだったじゃないか!と言われそうですが、ネガティブなことほど目につくものです…。包み隠さず全部紹介します。

  1. 最初はリサーチに時間が掛かる
  2. お金が増えない
  3. 資金がないと拡大しにくい
  4. 仕入れ先の確保が大変
  5. 在庫の置き場所の問題
  6. 備品や梱包資材などの準備が必要
  7. ネット環境が必要
  8. お客様の対応が必要

順番に説明していきますね。

最初はリサーチに時間が掛かる

まずせどりを始めて感じるのは、リサーチ効率の悪さにです。誰もが経験することですし、私も経験しました。最初の頃はリサーチしても全然利益が出る商品が見つからず、6時間リサーチしても成果ゼロなんてこともよくありました。

そんな時思うのは、これ時給いくらだよ…。

本当に悲しくなります。一生懸命探しているのに成果ゼロ、時給どころか1円も得ていません。

 

このデメリットは、最初のうちに正しいリサーチ方法を身につけることである程度は回避できるのですが、せどりを始めようと思っている人は覚悟しておいたほうが良いでしょう。

お金が増えない

死活問題じゃないか…。実は、転売やせどり等の物販ビジネスは頑張れば頑張るほど、現金が増えるスピードは遅くなります。なぜなら、現金はすぐさま在庫と変わるからです。

頑張ってリサーチして商品を仕入れれば仕入れるほど、現金は減り、在庫が増えます。これが、お金が増えない仕組みです。

現金は増えませんが、在庫を含めた『資産』は間違いなく増えていきます。

 

では、いつお金が増えるのか?

お金が増え始めるターニングポイントは2つあります。

  1. 仕入れが停滞した時
  2. 累計利益が在庫を上回った時

この2つのタイミングで一気に現金が増えてきます。「累計利益が在庫が上回った時」で現金増加を経験できると物販ビジネスとしては大成功と言えますね。

資金がないと拡大しにくい

物販は資金力が大きく影響します。例えば、10万円の資金しかないのにイキナリ100万を売り上げることは非常に難しいです。

このデメリットは、クレジットカードを使う事である程度解決できます。クレジットカードを使えば支払いは最大2ヶ月先。リボ払いや分割払いも行えますので例え10万円の資金しかなくてもそれ以上のパフォーパンスを出す事は可能です。

さらに、融資を受けるという選択肢も存在します。

仕入れ先の確保が大変

転売・せどりを始めて最初に悩むことは、どこから仕入れたらいいの?ってことだと思います。ネットショップは無数にありますが、実際に仕入れができるショップは多くありません。

優良な仕入れ先を公開してはすぐに飽和するので、ネットで優良だと公開されいるネットショップが常に優良の可能性はとても低いので、結局自分で探すしかありません。

とはいえ、鉄板はあります。次の3つは高い確率で今後も仕入れが行えると思います。

  1. ヤフオク
  2. ヤフーショッピング
  3. 楽天市場

まず、どこから仕入れたらいいのって人はこの3つからまず徹底的に攻略すると良いと思います。

ヤフーショッピングについてはこちらの記事で詳しく解説しています。

在庫の置き場所の問題

仮に自分で発送を行うのであれば、商品を自宅に保管する必要があります。広い家にお住まいであれば気にならないかもしれませんが、アパートの一室、仮に1Kだと軽視できなくなります。

我が家が荷物に占領される光景は、最初こそ喜びを感じますが、すぐに邪魔にしか思えなくなるでしょう。

 

解決する方法はあります。amazonをメインの販売路としFBAを利用することです。そうすれば、商品はamazonの倉庫で保管料を払うことで保管してもらえます。

さらにマルチチャネルサービスによって、例えばヤフオクで併売して先にヤフオクで売れたのなら直接amazonの倉庫から購入者に配送することもできるので、amazon倉庫に保管するからといって販売経路を必ずしも限定する必要はありません。

備品や梱包資材などの準備が必要

せどりを行うのにパソコン・プリンターは必要ですし、ダンボールやガムテープ、緩衝材などの梱包資材も必要です。また、スームスに出荷・納品するためにはある程度ストックしておく必要があります。

パソコンの事はさっぱり…って方もいるかもしれませんがそれでもパソコンの購入は避けて通れません。どんなものを購入すれば分からないって人は相談に乗りますのでお気軽にお問い合わせください。

必要な備品や梱包資材についてはこちらの記事で詳しく紹介しています。

ネット環境が必要

もし、お住まいの場所にネット回線を引いいてないのであれば、新たに契約する必要があります。回線速度や環境によって値段はまちまちですが、4,000円〜5,000円ほど利用料として必要になると思います。

おそらく次の4つのうちから選択する事になります。

  1. 光回線
  2. ADSL
  3. wimax
  4. ケーブルテレビ

私は一番通信速度の速い光回線をオススメしますが、金額もまちまちですので、お住まいにぴったりなものを選ぶと良いと思います。

お客様の対応が必要

転売・せどりといえども、やっている事は立派な物販ビジネスです。時には仕入れた商品に不具合があり、それを販売した事によってクレームにつながる事もあります。もしかしたら身に覚えのないクレームだってあるかもしれません。

誰でも始めやすい転売・せどりではありますが、こういった事にも真摯に対応しないといけない事にギャップを感じる人も多いようです。

 

私は人を大切にできないビジネスはすぐに終わると思っています。それはお客様もそうですし、私のところで働いてくれているスタッフに対しても同じです。

なので、私はそういった、クレームにも最大限お答えするようにしています。

デメリットを知った上でせどりを始めてみよう!(まとめ)

以上、8つのデメリットをまとめてみました。

  1. 最初はリサーチに時間が掛かる
  2. お金が増えない
  3. 資金がないと拡大しにくい
  4. 仕入れ先の確保が大変
  5. 在庫の置き場所の問題
  6. 備品や梱包資材などの準備が必要
  7. ネット環境が必要
  8. お客様の対応が必要

どれも、実際私がせどりを始めて経験したことです。個人的に一番辛かったのは、「お金が増えない」。売上も増えていっている、利益も出ている。なのに現金が増えない。すごく不安になりました。

でも、それはキチンと成長している証ですので、もしそんな悩みを持つことがあれば安心してくださいね。

せどりのデメリットもよく理解して、チャレンジしてみてください!

メリットの記事はこちら

sedori-demerit

記事が面白かったら是非ポチってください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

Takao

電脳せどりを「不労所得」で稼ぐサラリーマンのTakaoです。ヤフオクやネットショップからの仕入れに関することを記事にしています。メルマガも発信しているので是非登録してみてください♪