プロフィール

はじめましてTAKAOです(・v・)

プロフィール覗いていただいてありがとうございます!

このブログでは役に立つ記事を1つ1つ全力で書いてます。
「○○万円仕入れました~」みたいな記事は絶対に書きませんのでご安心してください(笑)

 

そんな私は社会人9年目。仕事は町工場の経理マンをやっています。
学校を卒業してずっと今の職場に勤めています。

給料は手取りで350万円平均的なサラリーマンだと思います。

 

「そんな平均的なサラリーマンがなぜ転売(せどり)を初めたのか?」

自己紹介もかねて、お話したいと思います。

散財の毎日

  • 「お金は若いうちに使え」
  • 「若いうちにしか遊べない」

などの誰が言ったか分からない言葉を言い訳にして収入のほとんどを消費に使っていました。
興味本位で銀座で寿司を食べてみたり、ミシュラン星だと聞けば高い交通費を払って食べに行きました。

家電も大好きでテレビにスピーカーシステム、洗濯機。
パソコンは何度も買い換えていましたし、不必要なスペックを追求してパーツも交換していました。

 

そんな生活を続けていると時にはクレジットカードの支払いが滞り、
新しいクレジットカードが作れなくなったり、お金がないことでイライラすることも増えました。

そんな私に更に、結婚、新婚旅行が追い討ちをかけ、私の貯金はついに「ゼロ」になりました。
社会人8年目、夫婦のスタートと同じくして、私の貯金もゼロからスタートとなったのです。

第二の収入源を探す

急に将来に不安を感じた私は、今の状況を打破する為に、毎週本屋に通い、本を読み漁る日々の末、1冊の本に出会います。ロバート・キヨサキ著「金持ち父さん貧乏父さん」です。

人並みですが、私の心を動かすには十分な1冊でした。しかし、私には貯金がありません。

「金持ち父さん貧乏父さん」が言う「お金を自分のために働かせる」にはまず、お金が必要なのです。
それも早ければ早いほど効果が上がります。

 

「さて、どうやってお金を得るか。」

 

それもより早く。また本を漁る日々が続きます。
FX、デイトレ、株主優待・・・。そして、出会ったのがせどりです。
他の副業よりもリスクが小さく、少ない資金で始めることができ、キャッシュフローも抜群、それがせどりだったのです。

初めてのせどり

今でも忘れません。

初めてのせどりはBOOKOFF某店。スマホ無料アプリ「せどりすと」で必死でサーチした末に見つけた3冊の本。
全部で4,430円。妻と一緒に30分くらい悩んだでしょうか。

というのは、貯金が振り出しに戻った私は生活態度を改め、できるだけお金は使わないように心がけていました。

 

そんな私に4,430円はあまりにも高額で気軽に買える値段ではなかったのです。
そんな私の背中を押したのは妻でした。

「取りあえず買ってみたら?」

なぜこんな無責任な言葉で背中を押されたのか分かりません。
今思えばさっさと帰りたかったんでしょう。

ただ、私はこのおかげでせどりのスタートを切ることができたのです。
(この3冊の内、2冊が未だに売れていないのは内緒の話です・・・)

せどりのゴール

私のせどりのゴールは夫婦の夢のスタートでもあります。
具体的にはサラリーマンを早期リタイアし、自分と妻の好きな場所で、健康に暮らし、たまには美味しい物を食べて、趣味の将棋を指すことです。新婚旅行で行ったボラボラ島にもまた行きたいです。

 

その為には経済的自由が必要不可欠です。その経済的自由のゴールが純資産1億円なのです。
このブログでは夢の達成に役立った情報をお伝えしたいと思います。

共感頂けた方は是非、ブックマークに登録して頂き、たまに当ブログを覗いて頂けると幸いです。