電脳せどりにおけるGoogle Chrome(グーグル クロム)の拡張機能 三種の神器+1

The following two tabs change content below.
Takao
電脳せどりを「不労所得」で稼ぐサラリーマンのTakaoです。ヤフオクやネットショップからの仕入れに関することを記事にしています。メルマガも発信しているので是非登録してみてください♪

今回は、私が使っている三種の神器を

ご紹介したいと思います。

仕入の100%を電脳で行っている私ですが、

仕入で使っている拡張機能は3つだけ。

自動化、自動化言っている私が、ツールに

頼った仕入は行っていないのがお分かり

いただけると思います。

 

Google Chromeの拡張機能を利用する目的

まず、私がGoogle Chrome(グーグル クロム)の

拡張機能を使う目的は、仕入候補商品の

分析、及び操作の簡略化のために行っています。

 

クロムの拡張機能を利用して仕入商品を

見つけているわけではありません。

 

もちろん、拡張機能を利用しても、

見つからないと言っているわけではありません。

拡張機能で利益商品見つかります。

 

では、なぜ拡張機能を使ったリサーチを

していないかというと、

誰でも使える拡張機能で見つかった商品は

 

 

ライバルの増加

 

価格の値下げ合戦

 

が、他で見つかる商品より起きやすいです。

 

なので、拡張機能だけに頼った仕入だけだと

在庫の回転や、利益率が安定しにくいです。

 

そういう理由から私は、拡張機能を使って

リサーチをするのではなく、

あくまでも

拡張機能はリサーチの補助的な役割

として位置づけています。

 

それでは、実際に私が使っている

拡張機能、三種の神器をご紹介します。

 

ショッピングリサーチャー

Amazonを開いた時に出てくる

これ。です!

私は既に、自分用にカスタマイズして

不要なボタンは非表示にしています。

 

表示させているボタンは以下の4つだけ

  • モノ(モノレート)
  • Yオク(ヤフオク!)
  • 手数料(FBA料金シュミレーター)
  • 出品(出品する)

モノ、Yオク、手数料は単純に、画面推移の

補助的な役割です。

 

出品については、FBA納品できるか怪しい商品、

例えば、危険物や、リチウム電池を

含んでいる等、いちいち調べるより、

実際に納品プランを作成して、確認したほうが

性格で、早いので怪しい商品がある際は、

行っています。

 

このボタンはAmazonにサブカートの

下にデフォルトで用意されているので、

そちらを使っても問題無いですね。

keepa

続いてkeepaです。

これは、Amazon本体と他のFBA出品者の

価格の推移を確認するために使っています。

 

なぜ確認するかというと、

Amazon本体の在庫がある際、Amazon本体の

値付け方法に大きく2つパターンがあります。

 

  • ①絶対に最安値キープするパターン
  • ②最安値に拘らないパターン

 

どちらのパターンもAmazon本体が中央カートを

取得していることが殆どで、我々にはサブカート

しか与えられません。

 

しかし、購入者の立場にたてば、サブカートに

少しでも安い値段で販売されているのを

見つければ、当然そちらを選択する

可能性があります。

 

つまり、

①のパターン

 

だと、

一番目立つ中央カートのAmazonが最安値なので、

サブカートの我々から買う事は、ありません。

 

逆に、

②のパターン

 

だと、

一番目立つ中央カートはAmazonかも知れませんが、

それより安い値段でサブカートに表示されて

いるので

サブカートの我々から買うことも、あります。

 

そして、これらの分析をするために、

具体的には、この商品は①、②どちらのパターン

なのかを判断するためにkeepaを使っています。

 

実際の判断方法は、今回は割愛します。

Gestures for Google Chrome

最後に、Gestures for Google Chrome です。

これは、リサーチ対象のネットショップから

Amazonへの画面推移を補助してくれる

拡張機能です。

 

通常のリサーチ方法

だと、

 

1.型番、JAN等を選択する

2.コピーする(Ctrl+C)

3.クロムの別窓にAmazonを開く(開いておく)

4.Amazonの検索窓に貼り付ける(Ctrl+V)

5.商品を特定する

 

といった具合になると思います。

この、2~4までの作業を

1つのジェスチャーで行うことが可能

なのが、

Gestures for Google Chrome です。

 

最初は使うのに慣れが必要ですが、慣れたら

絶対にこっちのほうが早いのでおすすめです。

 

Gestures for Google Chrome は初期設定が

必要なので、参考に私の設定を晒しておきます。

Gestures for Google Chrome

 

ジェスチャー左(←)の設定が、

URL:http://mnrate.com/past.php?i=All&kwd=%s
NAME:モノレート
Action:…で検索(新しいタブ)

 

ジェスチャー右(→)の設定が、

URL:http://www.amazon.co.jp/gp/search?ie=UTF8&keywords=%s&tag=sisese05-22&index=aps&linkCode=ur2&camp=247&creative=1211
NAME:Amazon
Action:…で検索(新しいタブ)

 

もちろん、他にも検索できるので、

必要に応じて登録してみてください。

 

おまけ+1

拡張機能に頼った、リサーチは行わない。

と冒頭でかっこつけましたが、

見つからないわけではないので、

1つだけ紹介しておきます。

 

価格比較 プライスチェッカー Price Checker

 

正直、紹介しようか迷いました。

先に説明した、デメリットもありますし、

いつまでも拡張機能に頼っていては

先に勧めないからです。

 

それでも、なぜ紹介するかというと、まず、

電脳リサーチ、見つかるよ!

って事を実感してほしいからです。

 

私の記事で電脳せどりの取っ掛かりに

なる人がいれば嬉しいです。

 

それでは、本日もブログをご覧頂き、

ありがとうございました。

記事が面白かったら是非ポチってください!

1 個のコメント

  • な、なんですか、これは!
    「Gestures for Google Chrome」
    べっ便利すぎる。

    丁度、クロームの右クリックの検索に、モノレートを追加できないかと思っていたところでした。

    ありがとうございます!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    Takao

    電脳せどりを「不労所得」で稼ぐサラリーマンのTakaoです。ヤフオクやネットショップからの仕入れに関することを記事にしています。メルマガも発信しているので是非登録してみてください♪