集荷拒否!?配送業者との付き合い方

The following two tabs change content below.
Takao
電脳せどりを「不労所得」で稼ぐサラリーマンのTakaoです。ヤフオクやネットショップからの仕入れに関することを記事にしています。メルマガも発信しているので是非登録してみてください♪

配送業者との付き合いを疎かにしてない

でしょうか?こっちは客だと思って横柄な

態度をとっていると集荷にくるのが

遅かったり、商品を粗末に扱われたり、

露骨に嫌な顔されたり、ヤマト便で高い値段で

請求を受けたり・・・

最悪、取引拒否される可能性がありますよ!

 

ちょっと驚かせるようなことを言って

しまいましたが、実際にありえる話です。

配送業者さんとは長い付き合いになります。

 

こっちは客だ!という考えではなく、

お互いがビジネスパートナーという気持ちを

もって接することで、気持ちよく仕事を行う

事が出来ますので、是非実践してみてください。

スピーディーに集荷をしてもらう為に

まずは当たり前の話です。

集荷に来てくれたタイミングで発送準備が

終わってないなんて、ありえません。

後は、トラックに荷物を積み込むだけの状態で

集荷を依頼しましょう。

めんどうな計算を先にやっておく

特にヤマト便の送料計算のときに、これを

準備しておくと喜ばれます。

ヤマト便って送料の計算が面倒なんです。

 

具体的にはこんな計算式になります。

 

縦(0.0m)×横(0.0m)×高さ(0.0m)×280=容積換算重量(Kg)

これを、箱ごとに計算して容積換算重量の合計と

発送地と配達地で送料が決まります。

 

これを、集荷に来てくれたときに

計算させるのは大変です。特に寒い日や、暑い日

なんてなおさら、適当に計算する配達員さんもいます。

 

なので、こっちで計算しておいてあげるんです。

1箱目 縦(0.0m)×横(0.0m)×高さ(0.0m)×280=容積換算重量
2箱目 縦(0.0m)×横(0.0m)×高さ(0.0m)×280=容積換算重量
3箱目 縦(0.0m)×横(0.0m)×高さ(0.0m)×280=容積換算重量
4箱目 縦(0.0m)×横(0.0m)×高さ(0.0m)×280=容積換算重量
合計容積換算重量:***kg

こっちで伝票に金額書くのは、よほど信頼関係が出来上がって

ないと逆に不審がられてしまうので、計算した紙を

「計算してみたので参考にしてください」

と渡しましょう。

 

とても喜ばれますし、適当な計算で不当な請求を

受ける心配もなくなります。

 

もちろん、ヤマト便を使用しない時も、箱のサイズは

図って、渡すときに※※サイズです!と伝えましょう。

ごまかしちゃダメですよ(笑)すぐバレますから。

荷揚げを楽にしてあげる

1度に配送する量が多くなってきたら、台車の購入を

検討しましょう。配達員さんのほぼ100%は腰痛持ちです。

 

重たいものや、大きいものはあらかじめ台車に乗せて置き、

すぐに運んでいける状態にしておくことで、

とても喜ばれます。作業の短縮にもなるので、

配達員さんにも、こちらにもメリット有りです。

 

小さいもので十分です。車輪が360度回転するものが

おすすめです。

感謝の気持ちを忘れずに

いつも重たい荷物を運んでくれる配達員さんに感謝の

気持ちをもって、時には

「いつもありがとうございます。助かります。」

と声を掛けましょう。

 

私は寒い日は暖かい缶コーヒーや、お茶を渡します。

モノをあげたらいいというわけではなく、

心から感謝の気持ちを持つことが大切です。

まとめ

以上が配送業者さんと良い関係を構築するポイントです。

これはテクニックなんてものではなく、ようは人と人との

付き合い方の問題です。一番大切なのは、

配送業者さんとはビジネスのパートナーだと言う意識と、

感謝の気持ちです。

誰でもすぐに実践できると思いますので、

これからせどりで成長するぞ!

と思っている人は是非大切にしてみてください。

記事が面白かったら是非ポチってください!

4 件のコメント

  • こんにちは、
    ランキングから参りました、あとむです。

    配送業者との関係が薄いですね。
    ほとんど荷物は持ち込みしていたので、外出時についでに運送会社や郵便局、コンビニなどで配送手続きなどをしていました。

    大まかにサイズや重さをはかり付箋紙をはってでからの持ち込みですね。
    今回のブログの記事はを参考にしながら配送御者の方を検討してみたいです。

    応援していきますね^^

    • あとむさん

       コメントありがとうございます。
      物量が少なければ持ち込みのほうがいいですよね。私もそうしてました。
      それに集荷に来てくれる時間が不規則なので、予定が立てづらいですから笑

      コンビニだと寸法の測り方を勘違いしてる人もたまにいますからね。
      前、横の寸法2回測るバイトの方がいました笑(縦+横+高さ+横!?)
      そういう意味でも要チェックです。

      応援ありがとうございます(^^)

      ぼっさん

  • 「ヤマト便の送料計算」を利用して、見積もりを作ってあげる発想は、まったくありませんでした。
    早速、やってみます。
    ありがとうございます。

  • 早速、やってみました!
    そうしたらヤマトの人が、
    「こんな風に用意されたのは初めてです」
    と驚いていました。
    これ、FBA の納品書を作る際に、一緒に作っておくと良いですね。
    ありがとうございます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    Takao

    電脳せどりを「不労所得」で稼ぐサラリーマンのTakaoです。ヤフオクやネットショップからの仕入れに関することを記事にしています。メルマガも発信しているので是非登録してみてください♪