The following two tabs change content below.
Takao
電脳せどりを「不労所得」で稼ぐサラリーマンのTakaoです。ヤフオクやネットショップからの仕入れに関することを記事にしています。メルマガも発信しているので是非登録してみてください♪

電脳せどりには仕入れ・納品・売上管理と色々やることがありますが、作業の途中で「心が折れる瞬間」ありますよね?

何を隠そう、私も何度も心をバキバキに折られた1人です。笑

今回は、心が折れる瞬間BEST4を独断と偏見でランキング形式にまとめましたのでご紹介します。

4位:Amazon在庫復活、永遠のサブカートへ降格

amazon-cart

利益も取れる!Amazonもいない!ほかにライベルになりそうなセラーもいない!

「いい商品見つけたなぁ~」

なんて、たくさん仕入れて納品した瞬間、Amazonさんコンニチハ。
一瞬にして、万年サブカートへ大降格。

 

「いやいや、まてまて。またすぐにAmazonの在庫が切れるはずだ」

なんて、在庫調べたら30個…

「この商品、月に5個くらいしか売れないよ…」

電脳せどりを初めた頃、このやり取りは何度も記憶があります笑
それからは少し学んで、Amazonの在庫復活の予測ができるようになったので少なくなりましたが、今でも思い出す心折れた瞬間でした。

Amazon在庫復活の予測に関しては、無料ツールの「Keepa」を使うことで可能です。
無料ツール「keepa」を使わずして仕入れができるか!」の記事で紹介していますのでよければご覧ください。

3位:ネットショップからブラックリスト入り

「お客様のご注文はキャンセルされました。」

え?

「ご質問にはお答えいたしかねます。ご了承ください。」

ええ?;;

初めてブラックリストに入ったネットショップは「J●shin web」でした。
その頃は月に100万以上は「J●shin web」から仕入れていたので、いきなりその仕入れルートがなくなった訳ですから、頭が真っ白になった記憶があります。

当時はパソコンを3日連続購入したり、一般の客では絶対に有り得ない買い方をしていたのが理由だと思います。
それからはネットショップから仕入れを行う際は、節度ある仕入れを心がけています。

2位:商品ラベルを印刷したいのにインク切れ

これには何度心を折られたか。

せっかくやる気を出して納品プランを作成し、後は商品ラベルと納品ラベル貼って出すだけ。
て、時にプリンターから警告音が…

コンビニで印刷する方法を調べて、スマホ片手にコンビニの印刷機で商品ラベルや納品ラベルを印刷したこともあります。

 

そのときは当然、ラベルシールに印刷できないので通常用紙に印刷された商品ラベルをハサミで切ってセロテープで商品に貼り付けていましたね…

こいつには何度も心を折られたので、2位にランクインしました。

1位:何時間リサーチしても仕入れ成果ゼロ

栄えある第一位は、これ。
私の妻も同じ意見で、満場一致で決定しました。

電脳せどりを初めた頃は、1時間に1つ見つかれば良い方。
一番ひどいときは6時間リサーチして成果ゼロなんて日もありました。

 

仕事から帰った私に、妻が超ローテンションの半泣き状態で「もう嫌だ」と訴えてきたのは今でも覚えています。

そのくらい辛い思いをしたからこそ今があると思っていますし、良い経験だったと思います。
今では妻との笑い話です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は、「転売・せどりで心が折れる瞬間BEST4」について紹介しました。

1つ、共感する内容があったのではないでしょうか?

心を折られているのは、自分だけではありません笑
複雑骨折しても自己治癒するくらいの勢いで、日々のせどりライフ過ごしていきましょう!

aruaru

記事が面白かったら是非ポチってください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

Takao

電脳せどりを「不労所得」で稼ぐサラリーマンのTakaoです。ヤフオクやネットショップからの仕入れに関することを記事にしています。メルマガも発信しているので是非登録してみてください♪