電脳せどり!Amazon納品手順マニュアル

The following two tabs change content below.
Takao
電脳せどりを「不労所得」で稼ぐサラリーマンのTakaoです。ヤフオクやネットショップからの仕入れに関することを記事にしています。メルマガも発信しているので是非登録してみてください♪

今回は仕入れた商品が届いてから、

Amazonへ納品するまでの作業手順を

順番に説明したいと思います。

例のごとく、電脳100%、新品100%の実例ですので

同じスタンスの方は是非、参考ください。

ダンボールから取り出す

img_01

当たり前ですが、ダンボールから商品を

取り出しましょう。

大きな商品は外箱のまま配達される場合も

あるのでそういう商品は出さなくて大丈夫です。

まず、ここでチェックするポイントは2つ

  • 1.納品書は同封されているか
  • 2.納品書と納品物が一致しているか

頼んだものと届いたものが一緒かを確認

しましょう。確認する為の書類が無ければ、

このタイミングで注文履歴等から印刷することを

お勧めします。


なぜなら、確定申告の際の保管書類になるからです。

後であわてて用意すると大変なので、このタイミングで

書類を整理し、保管しましょう。


以前の記事でも紹介しましたが、開封する際は

ダンボールカッター推奨です。

検品する

次に商品一つづつ検品していきます。

ここでのチェックポイントは3つ

  • 1.箱に酷い損傷はないか
  • 2.箱が開封された痕跡はないか
  • 3.発送伝票・アウトレットシール等が張ってないか

1,2は出品するコンディションに影響しますので

もし、対象となる商品があれば、分かるように

付箋でもつけておきます。


返品できれば返品、出来なければヤフオクで新品で

出品、またはAmazonで中古出品します。

私はほとんどの場合ヤフオクで出品しています。


3.はヒートガンで丁寧キレイに剥がします。

読み取り

せどリスト(せどろいど)というアプリで

検品した商品を読み取っていきます。

ここでチェックするポイントは一つだけです。

  • 1.読み取れない商品は無いか

Janコードが書いて無い場合等、読み取れない

場合があります。そういった商品も一旦付箋などを

張って分かるようにしておきます。

仕入帳との突合

私は商品を購入した際は全て仕入帳に記載しています。

そこには、JAN、ASINも記載していますので

せどリストで読み込んだデータと突合せし、

どの商品が着荷したか把握します。


なので、ここでチェックするポイントも1つだけです。

  • 1.せどリストで読み込んだ商品が全て突合するか

もし、突合しなかった商品があれば、それは間違って

配達されたか、間違って注文したかです。

想定していた利益が取れない場合があるので原因を

調査しましょう。

納品プランの作成・商品ラベルの印刷

Amazonセラーセントラルから納品プランを作成し、

商品ラベルを印刷します。

ここでも1つだけチェック。

  • 1.FBA納品不可品はないか

危険物や、大きすぎる商品はFBA納品できないので

注意してください。


そのような商品は納品プラン作成の際に弾かれます。

それは自己発送するしかないので、もしあれば、

検品エリアから対象商品を隔離してごっちゃに

ならないようにしておきましょう。

商品ラベル貼り付け

印刷した商品ラベルを商品に貼り付けます。

ここでも1つだけチェックポイントを

  • 1.商品ラベル以外のバーコードが隠れているか

バーコードは商品によって数箇所印字されている

場合があります。


1つの場合は商品ラベルをバーコードの上から張る

ことで隠せますが、2箇所以上ある場合には、

別のシール等で隠す必要があります。

私が使っているラベルはこれです。

梱包

あとはダンボールにつめるだけですが、

つめながら最終チェックを行います。

今までのおさらいになりますが、

3つチェックポイントがあります。

  • 1.アウトレットシール等が張っていないか
  • 2.商品ラベルが張ってあるか
  • 3.商品ラベル以外のバーコードが隠れているか

更に梱包する際のテクニックとして

  • 4.ダンボールに隙間無く入っているか

もし、スキマがあるようなら緩衝材を入れて

隙間を無くしましょう。

輸送中の破損事故のリスクを減らします。ダンボールに

詰め終わったら、納品する箱の数を数えましょう。


ダンボールをコンポする際に使うのがこのテープです。

 

納品ラベル印刷

先ほど数えた箱の数だけ納品ラベルを印刷します。

ここれでは1つだけ

  • 1.剥がれないようにしっかり貼付されているか

剥がれてしまっては納品不備でAmazonから

返品を食らう可能性があるので気をつけましょう。


ダンボールに梱包して納品する際は、気にする

必要はありませんが、外箱のままヤマト便などで

納品する際は、剥がれやすいテープで納品ラベルを

貼付するようにしましょう。

まとめ

以上が、梱包の手順です。あとは配送業者さんに

集荷に来ていただき、無事出荷することができたら

セラーセントラルから納品完了をポチしましょう。


新品しか扱ってないので、中古品を扱っていた以前に

比べ、半分以下の工数しかかかっていません。

とっても楽になりました!


今回の記事は基本的な納品の流れです。重要な

ポイントは押させているつもりですが、

ご自身でも納品ミスが無いようににしっかりと

自分なりのマニュアルや、チェック項目を整理

しておく事をおすすめします。

記事が面白かったら是非ポチってください!

2 件のコメント

  • とても勉強になります。
    「仕入帳」なるものの書き方もあると嬉しいです。
    また、剥がれやすいテープで納品ラベルを貼付すると、剥がれやすいが故に剥がれたりしないのでしょうか。
    また配達業者の伝票も、それで貼るのでしょうか。

    • はぴたすさん

      いつもコメントありがとうございます。

      それでは仕入帳については、別記事でご紹介します!
      剥がれやすいと言っても普通のセロハンテープの8割くらい(体感)の力はありますので四隅を貼れば剥がれる心配はありません。
      配送業者の伝票はダンボールに梱包して納品する場合は直接貼ります。
      ヤマト便で外箱だけしかない場合は、どれか一つの商品にストレッチフィルムで一部を巻いてその上から貼っています。

      ぼっさん

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    Takao

    電脳せどりを「不労所得」で稼ぐサラリーマンのTakaoです。ヤフオクやネットショップからの仕入れに関することを記事にしています。メルマガも発信しているので是非登録してみてください♪