私が予約販売をやめた理由

The following two tabs change content below.
Takao
電脳せどりを「不労所得」で稼ぐサラリーマンのTakaoです。ヤフオクやネットショップからの仕入れに関することを記事にしています。メルマガも発信しているので是非登録してみてください♪

TAKAO、予約販売やめるってよ。

まず、初めにお伝えしますが、予約販売は

非常に優秀な手法です。

特にキャッシュフローはピカイチですので

資金額少ない、せどり初心者にはピッタリな

手法だと思います。今回はそんな予約販売を

私がやめた理由を書きたいと思います。


このブログに予約販売の記事を見に来て

くださって方も結構します。その中、

このような記事を書くのもどうかと

思うのですが、私、

予約販売やめました。


予約販売をやめた理由1「自動化に向かない」

一番の理由はこれです。

予約販売商品は基本的に自己発送で

お客様に送ることになります。


一部の例外を除いて発売日前に

全て売り切って

発売日前日~当日に発送します。


大量の商品の自己発送は骨が折れます。

さらに、店舗で予約していた場合、

回収しにいかなければなりません。

写真 2015-10-20 20 23 08


もちろん、これを自動化できれば

問題ないです。

私も自動化出来ないか考えました。




他人の力を使って自動化できないか。

具体的には、私ではない誰かが、

店舗を回って商品を回収し、自己発送する。

1271_top2

これだけなら出来るかもしれません。

しかし、これを

必ず決められた日にできるか?

c1d3a27f26fe24c09f71e4f68aa3b2fc

もし、決められた日に出来ないと、それは

発送遅延につながり、低評価につながります。


そこまで考えると、

他人に任せ、自動化するのは

リスクが高いと判断したのです。




せどりを始めた最初の頃は、発送業務

さえも楽しくて、「副業やってる!」

って感じが好きでした。


しかし、今となっては

圧倒的に時間効率が悪いのです。

全手動の利益率20%より、

自動の利益率10%の方が、楽なんです。


勘違いしないで欲しいのが、

決して、

予約販売を否定しているわけではない

です。以前記事で書いた

予約販売の素晴らしさ」の気持ちは

今も変わってませんが、


「自動化」にフォーカスした時、

これは、今の私のやることではないと

判断しました。

予約販売をやめた理由2「レバレッジをかけにくい」

予約販売が出来る対象は、人気の

高い商品であることがほとんどです。

故に、仕入をする際、どうしても

購入点数に制限がかかることが

多いです。


そうなると、お金のレバレッジは

必然的にかけにくくなります。


私にはもっと他にレバレッジをかける

事ができる、仕入手法があるのですから、

そっちに時間を使ったほうが

効率的と判断しました。

予約販売をやめた理由3「出品者同士の足の引っ張り合い」

予約販売、意外とライバルが多いです。

出品者200人を超えることもしばしば。

こうなると、当然カートの取り合いが

始まります。


まっとうにカートの順番待ちをする人たち

だけなら良いですが、中には悪質な手を使って

カートを奪おうとしてくる人がいます。


例えば、


他出品者に注文し、在庫を切らせて

自分の在庫が捌けたらキャンセル

なんてことは、よくあることです。


Amazonはアカウントをいくらでも作れて

しまうので、いくらでも出来てしまいます。


もちろんそれらを防ぐ手段もありますが、

そのような人たちの為に、策を講じる自分が

馬鹿らしく思えます。


悪いことをする人とは関わらないのが一番です。

まとめ

以上が、私が予約販売をやめた理由です。

結局は、自動化出来ないことが一番の理由

訳なんですが、実は私、

諦めたわけじゃありません。

確かに、今は予約販売を自動化させる

方法は思いついていませんが、

いつか、自動化出来る仕組みを作って

みなさんに紹介したいと思います。




それでは、今日もブログを読んでくださって

ありがとうございました。

記事が面白かったら是非ポチってください!

5 件のコメント

  • ぼっさん、はじめてまして、何時もブログ参考にしています。

    わたしは、店舗の方を主に片手間で電脳をやっている感じです。 予約の方にも手を広げようとレクチャーもうけているのですが、結構仰るとおり予約販売の現在は困難な要素もありますね。 去年あたりは結構ジャニで高利益を上げた人の話を聞いたことも有りましたが、現在はどうなかな。 利益率下がっているよう感じですかね。

    そうなるとそれ以外の電脳仕入って感じなるのでしょうね。 ぼっさんも方向性は同じ感じですか?

    • チャーリーさん

       ブログを見てくださいありがとうございます。
      また、コメントまで頂き、とても励みになります(^^)

      需要と供給が崩れる商品はこれからも必ず出てくるでしょうから、
      予約販売の手法が廃れることはないと思います。
      ただし、初心者がとっつきやすく、イメージもしやすい手法ですから
      ライバルは増加傾向に有るのだと思います。

      私は、100%電脳ですよ!

      ぼっさん

      ぼっさん

  • こんにちはー。
    こちら予約転売なるものを知らないのですが、素人が思うに、こちらから発売日当日に送る都合上、発売日ではなく、発売日の翌日、翌々日にお客様のもとへ届くようになると思うのですが、お客様は待ちに待っている訳で、発売日当日に届かなくても、クレームの対象にならないのでしょうか。
    ( ´ ▽ ` )ノ

    • ハピタスさん こんにちは。

       例えばCDなんかは発売日の前日に入手できるケースが殆んどです。
      それから前日中に発送すれば、発売日に届くことが殆どですし、遅くても翌日には届きます。
      また、出品する際にコメントで発送日について記述しておけばトラブルを防ぐことが出来ると思います(^^)
      実際に予約販売されている商品のコメントを見ると、そのように記載されているので参考に見てみるといいですよ。

      ぼっさん

  • ありがとうございます!

    無知というか、思い込みというか、先入観とは恐ろしいものです。
    物は発売日に発売されるものだと思い込んでいました。

    自動化は、実現出来たにしてもそこにコストがかかる訳で、よっぽど高額でないと、割に合わなくなりそうですね。

    あと、
    「悪質な手を使ってカートを奪おうとしてくる人がいます。」
    これはちょこちょこやられてる感があります。
    「どうしてこれを2つ?」みたいな。

    今回の記事も、とても勉強になりました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    Takao

    電脳せどりを「不労所得」で稼ぐサラリーマンのTakaoです。ヤフオクやネットショップからの仕入れに関することを記事にしています。メルマガも発信しているので是非登録してみてください♪